Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-5. 経済産業省IT経営百選受賞企業の例:その3

2-5. 経済産業省IT経営百選受賞企業の例:その3

このページでは、システムの最新版(2008年11月現在)について説明します。

既存のシステムを拡張し、ほぼ全社の情報がIT化されました。営業・広報をホームページ6つで行っています。そのため、いわゆる営業マンはゼロ名です。(かわりに、ホームページからの相談・受注を行うIT担当者が3名います。)また、先ほどの説明で飛ばした、手拭いや、はんてんの製作を行う事業部では、自社工場と外注を利用したプロジェクトになるのですが、その管理システムも製作しました。
 

営業・広報 → 見積り・外注管理 → 自社工場へ




このように、社内ITシステムは、一度作ったら終わりなのではなく、事業の変化に伴い、仕事がやりやすいように、一緒に変化させて行くものだと思います。次の第3章では、ホームページの活用について話を進めて行きたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-5. 経済産業省IT経営百選受賞企業の例:その3

ページ上部へ戻る ↑