Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-2. 社内IT化のポイント

2-2. 社内IT化のポイント

このページでは、どうしてIT化した方が良いのか?を説明します。

社内IT化のポイントは、情報の共有化と効率化(使い回し)です。業務が効率化したり、創造性のあるものに変わらなければ導入する意味はありません。

■業務をIT化する理由

・情報量が膨大である。
 製造業が多品種少量生産に対応するため。例)1製品に300項目×1日に100件のデータ。

・過去の情報を使い回ししたい。
 
顧客情報をすぐに取り出したい。どんな商品をいくらでいつ売ったのか?

・同じ処理を何度も繰り返す。
 
計算で自動化できるものは、人間が行う必要がない。

・処理速度を早くしたい。

・統計データから次の経営戦略を考えたい。

など。


■ITシステム設計の流れ

まずは、既存IT製品で利用できるものがあるかどうかを探します。特に、販売管理、会計管理については、既製品がおススメです。どうしても合わないという前に、業務をソフトに合わせた方が良い場合も多々あります。弥生シリーズと会計王シリーズを導入されている企業が多いです。

(※参考資料)
   

   


・IT化すること自体に意味はありません。何のために導入するのか?迷ったら、上記のポイントに戻ってみてください。

・機能や、業者の営業トークを鵜呑みにせず、使いこなせないものは避ける。身の丈にあったものを利用する。

 ・オリジナルソフトを開発する場合にも、ゼロから作るのではなく、市販のデータベースをうまく利用すると、コストダウンし、かつ、有効なものが作れる場合が多々あります。

(参考資料)

 

※実際の設計には、1ヶ月以上の綿密な検討が必要になりますので、次に、いきなり完成系をお見せします。この講座のテーマどおり、【明日から】考えはじめることはできると思います。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-2. 社内IT化のポイント

ページ上部へ戻る ↑