Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-1. 経営学的には、どの企業も同じなんです。

2-1. 経営学的には、どの企業も同じなんです。

このページでは、IT化の前に必要な社内の経営情報の分析について説明します。

多種多様な業種がありますが、経営学的には、どの企業も同じなんです。何らかの商品やサービスをお客様に知ってもらって販売する。請求して入金確認を行うなど。

■ビジネスの一般的なパターン

広報・宣伝→(見積り→受注→仕入(在庫)→製造)→販売(売上伝票)→納品→請求→入金

※この他に、顧客情報、工場情報、社員情報(給与管理)、倉庫管理、取引先情報、モノの流れ、お金の流れ(会計)などもあります。


・まず、御社の基本パターンは、どうなっているか考えてみてください。
業種や企業によって、大事な数字・工程は異なります。事業部(サービス品目)ごとに異なる会社もあります。

広報・宣伝→入会→入金→サービス

 次に、どこをアナログのままにするか、どこをIT化(デジタル化)するのか?改善すべき点はあるのか否か?を考えます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > 第2章:社内ITシステム構築方法 > 2-1. 経営学的には、どの企業も同じなんです。

ページ上部へ戻る ↑